TOP > FAQ(日本語)

Q&A

1. インストール時の問題

git clone に失敗する

git clone 実行時にSSL認証が失敗した場合、以下のメッセージが表示されます。

error: server certificate verification failed. CAfile: ...

上記のメッセージが表示された場合、git clone の前に export GIT_SSL_NO_VERIFY=1 を実行してください。

$ export GIT_SSL_NO_VERIFY=1
$ git clone https://bitbucket.org/rospeex/rospeex.git

2. rospeexのアップデート

rospeexをアップデートするには端末から次のコマンドを実行してください。

$ roscd rospeex
$ cd ..
$ git pull

3. 音声認識ができない

WAVEファイルの認識に失敗する

音声認識にはWAVE(16kHz, 16bit, mono, LE)形式のみ対応しています。対応WAVE型式への変換は以下のコマンドで行えます。

$ sox in.wav -r 16000 -b 16 -c 1 out.wav

4. rospeexと波形モニタが接続できない

rospeexと波形モニタが接続できない場合や、波形モニタを別マシンで動作させたい場合は、以下のrospeexと波形モニタのネットワーク設定を確認してください。

波形モニタ

“rospeex_audiomonitor/scripts/audio_monitor_epd”ファイルを開き、ポートの設定を行ってください。

変数名 概要
PORT rospeexからの接続を待つためのポート
EPD_PORT rospeexからの発話認識結果を待ち受けるためのポート

rospeex

“rospeex_launch/config/rospeex_browser.yaml”ファイルを開き、IPアドレスとポートの設定を行ってください。

変数名 概要
ip_addr 波形モニタが起動するマシンのIPアドレス(デフォルト: 127.0.0.1)
send_port 接続要求を送信するためのポート番号(audioinput.epdのEPD_PORTと同じ値に設定)
recv_port 音声データを受信するためのポート番号(audioinput.epdのPORTと同じ値に設定)

5. rospeexを社内でお試しや評価用途で使えますか?また、展示会では使えますか?

開発作業の一部として基本的に問題ございません。ただし、rospeexを通じて第三者のクラウドサービスを使用される場合は、そのサービスの使用許諾に依存します。

また、展示会やコンペティション等におけるデモのためにrospeexを利用することも可能です。ただし、その場合、通信速度にお気をつけ下さい。展示会場では無線が混み合い、通信速度が不安定になるため、合成音声が遅れて帰ってくる可能性があります。通常の無線環境でテストする場合には気づきにくい現象なので、注意が必要です。

  • 商用での利用は別途ライセンス許諾が必要です。
  • 商用以外の利用であって、研究開発用途でないサービス化については別途ご相談ください。
 

6. どんなマイクがオススメですか?

マイクで認識精度が劇的に変わることがあります。思ったように精度が出ない場合はマイクの交換を検討してください。ただし、NICTのAPIでもサードパーティ製のAPIでも認識できないようであれば、現状の技術では難しい状況だということをご理解ください。

  • 指向性マイク
    • 動作確認済: SANKEN CS-3e
  • bluetoothマイク
    • 動作確認済: MDR-EX31BN(SONY) ,Voyager Legend(Plantronics)
  • Androidスマホ(ブラウザ版波形モニタを使用)
    • 動作確認済: Optimus

7. ARMプロセッサでも動作しますか?

発話検出機能(NICTmmcvController)のバイナリがIntel向けなので動作しません。

rospeexのフル機能が必要なければ、ARMでも動作します。具体的には、以下のどちらかのケースに該当する場合です。

  1. 発話検出は使用せず、wavファイルを音声認識 または
  2. 音声合成のみ使用

上記のどちらかの場合は、JSONファイルをサーバに送ることでrospeexの一部機能を使用可能です。詳細は以下のページをご覧ください。

http://komeisugiura.jp/software/software_jp.html

8. apt-get版をgit版(最新版)に変更したい

apt-get版の rospeex を git版に変更する場合は、以下の手順でapt-get版をアンインストールした後に git版を導入してください。
ros-hydroをお使いの場合は、以下のサンプルにおいて、ros-indigoをros-hydroと読み替えて下さい。

$ sudo apt-get remove ros-indigo-rospeex

9. 音声認識のN-bestは取得可能ですか?

無償版では不可能です。共同研究版をご検討ください。

10. GUIなしでrospeexを使用できますか?

できません。無償版では敢えてGUIをつけています。その理由は、ロボットとの音声対話において「音声認識が失敗」する原因の多くは本当は音声認識エンジンの問題ではなく、マイクの設定やSN比の問題だからであり、波形モニタがあれば簡単に解決します。GUIの波形モニタがなければ、失敗の原因を混同してしまいます。

GUIを外したバージョンは、共同研究か商用の枠組みであれば新規開発可能です。