TOP > ライセンス

ライセンス

rospeexは以下の2つの要素からなるシステムであり、それぞれにライセンスが定義されています。

  1. rospeexクライアントパッケージ:BSDライセンス
  2. クラウドAPI(rospeexクラウドAPI、またはサードパーティ製API): 独自ライセンス
    • rospeexクラウドAPIの代わりにサードパーティ製API(例えばGoogle Speech APIs)を使用した音声認識・音声合成も可能です。ただし、rospeexクラウドAPI以外の音声認識・合成API利用する場合は、各サードパーティの利用許諾に従う必要があります。

rospeexクラウドAPI

以下の3種類のライセンスをご用意しています。
無償ライセンス
学術研究目的に限ります(商用不可)。開発のためのお試し用途は可能です。
共同研究ライセンス
商用不可。個別にお問い合わせください。
有償ライセンス
商用可。個別にお問い合わせください。
名称 認証 カスタマイズ・サポート 商用利用
無償ライセンス なし なし 不可
共同研究ライセンス あり あり 不可
有償ライセンス あり あり(クラウドサーバの提供は応相談)

引用

rospeexをお使いの場合は、下記の論文を引用してください。

K. Sugiura and K. Zettsu: “Rospeex: A Cloud Robotics Platform for Human-Robot Spoken Dialogues”, In Proc. IEEE/RSJ IROS, pp. 6155-6160, 2015.

お問合せ

rospeexに関するご質問は以下のメールアドレスにお寄せください。